演奏者派遣、イベント企画、MC,芸人派遣

  守屋真琴 【ヴァイオリン 

3歳よりヴァイオリンを始める。
東邦音楽大学付属高等学校、同大学を経て、同大学大学院修士課程修了。ヴァイオリンを天満敦子、白岩博子の各氏に師事。
室内楽を大久保淑人、白井英治の各氏に師事。
在学中2度に渡るウィーン研修に参加し、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のルネ・シュタール氏のレッスンを受講し、研鑽を積む。2011年ちちぶ国際音楽祭のプレコンサートに出演。

2013年ちちぶ国際音楽祭に参加し、マスタークラスを受講。また、クラシック音楽の公式サイトで楽曲を配信している。
現在、室内楽、ライブサポート、オーケストラ、レコーディング等、幅広いジャンルで活躍する傍ら、音楽教室の指導を行っている。

 

 

  塩澤佳奈 【ヴァイオリン、ビオラ】 

東京都出身。
3歳よりエレクトーンを始める。
12歳でヴィオラを始める。

これまでに、ヴィオラを長嶋拓生、岡田伸夫に師事。
室内楽を堀越みちこに師事。

自身リーダーのsiokaru にてパーティー演奏、ブライダル演奏、ライブ演奏などの活動行い
クラッシックからPopsまでジャンルにとらわれず幅広い演奏活動を行っている。

洗足学園音楽大学卒

 
 



 
 
森田綾乃 【ヴァイオリン】 

3歳よりヴァイオリンをはじめ、フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業、同大学ディプロアマコース修了。 大学在学中より数々の選抜演奏会に出演。成績優秀者による「卒業記念演奏会」出演。
ヤマハ(㈱)主催「音楽大学フェスティバルコンサート vol 3」、出演。イタリアにて菅野潤、F.シュタートラー氏(モーツァルテウム管弦楽団第1コンサートマスター)マスタークラス修了。ドイツにて開催されたCalifornia international Music Festivalに参加。

2014年5月、11月「森田綾乃ヴァイオリンリサイタル」開催、好評を博す。

ヴァイオリンを名倉淑子、ヴィオラを鈴木康浩、室内楽を立神粧子、堀由紀子、井上雅代、名倉淑子、各氏に師事。 現在、ソロから室内楽、オーケストラ等のクラシック他、ブライダルやレストランでの演奏など様々なジャンルで活動。エンターテインメントクルーズ船ロイヤルウイング、太平洋フェリーラウンジショーにてレギュラー出演中。横浜市民広間演奏会会員。アンサンブル藝弦メンバー。ヴァイオリン講師。玉川学園オーケストラ部トレーナー。
 

 
 



 
 

今川 瞬 【イマガワ シュン】

作曲 / 編曲 / アコースティックギター / エレキギター /   ベース / プログラミング / Rec & Mix
1980年2月1日生 大阪府大阪市出身
高校1年よりエレキギターを始める。
音楽専門学校「キャットミュージックカレッジ専門学校」ギター科卒業、楽器店での音楽教室でギター講師を経て、
関西のシンガー&バンドマンを中心にアレンジャー、サポートミュージシャンとしてのキャリアをスタート。
2008年より活動の場を東京に移す。
現在もギタリスト・コンポーザー・アレンジャー
・レコーディングエンジニアとして活動中。
鎌田純子とのデュオスタイルを主とし、関東を中心に日本各地へ、年間150本を超えるライブ活動を展開中。


 
 




西田早良 【ヴァイオリン】

東京都出身。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園芸術短期大学を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。
短期大学在学中、学内演奏会に出演。定期演奏会ではコンサートマスターを務める。チェコ・ブラハにてB.マトウシェク氏のマスタークラスを受講。

これまでにヴァイオリンを細川亜維子、野口千代光、久保良治の各氏に師事。
現在は音楽教室でヴァイオリン講師を務める傍ら、イベントやブライダルでの演奏やアーティストサポートなど、多岐にわたる活動をしている。
2015年公開映画 「マエストロ!」出演。




中戸川大之【ドラム、パーカッション】
 
神奈川県出身
高校卒業後、ミューズ音楽院に入学。
様々な方に師し、ミューズ音楽院マスターコースを卒業

チャンドンゴンのファンミーティングにて神戸国際会館でのライブや元宝塚の春野寿美礼のディナーショーなどに参加。

バンドやアーティストサポート、レコーディング、ライブと活動中。




 
高橋卓弥 (ベース)

ミュージックスクール卒業後、様々なアーティストのサポートミュージシャンとしてライブ、レコーディングに参加。

Cymbals  安藤裕子 今井美樹 土岐麻子 
Jackson5 Incognito Tower Of Power  Toto などを好む。


 

 

 
大西真里奈(キーボード)
 
宮崎県出身
5歳よりピアノを始める。
福岡のミュージックスクールを卒業後、上京。

イベントやアーティストのサポート、レコーディング等に参加し
ロック、ポップス、ジャズ、ブルース、歌謡曲等 ジャンルにとらわれず
演奏活動を行なっている。
 


 
国吉絵理香 【ピアノ】 

3歳よりピアノを始める。
東京音楽大学付属高校を経て、同大学ピアノ演奏家コース卒業

第1回べーテンピアノコンクール全国大会高校生部門第3位入賞、日欧文化協会フレッシュコンサート2011出演、東京音楽大学校友会千葉県支部第7回新人演奏会出演、第15回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA アジア大会 一般部門銀賞受賞。

これまでに、菊池麗子、弘中幸子の各氏に師事。
現在、講師、ライブサポート、コンサート、レコーディングと
多岐にわたり活動中。

 

 


 
 
冨田千晴 【チェロ】

山口県宇部市出身。東京藝術大学音楽学部卒業。
チェロを河野文昭、林裕、MARTIN LÖHR、各氏に師事  。室内楽を、山崎伸子、山崎貴子、柳瀬省太、各氏に師事。
デザインK国際音楽アンリミッテドコンクール2014 全部門中グランプリ受賞、第8回横浜国際音楽コンクール アンサンブル部門 第一位、第14回KOBE国際学生音楽コンクール 優秀賞、ガラコンサート出演、他受賞歴多数。大学在学中、弦楽四重奏(CHAM Quartet)で木曜コンサートに選抜される。

ドイツ、オスナブリュックにてForum Artiumマスタークラスに参加、ファイナルコンサートに出演し、好評を博す。2016年城田優初演出作品、ミュージカル 「アップル・ツリー」でメインチェロに抜擢。
テレビ東京「100年の音楽」出演の他、オーケストラ、ジャズ、ポップス様々な楽曲とのレコーディング、コンサートに参加。現在ソリスト、室内楽奏者、オーケストラ、ミュージカル、アーティストのサポートやレコーディング等、東京、山口、九州を拠点に活動中。
TOVICの専任講師として後進の指導にもあたり、定期公演のサロンコンサートは子供から大人まで好評を博す。

 
 



 
伊藤静佳 【ヴァイオリン 

6歳よりヴァイオリンを始める。
洗足学園高等学校音楽科卒業後、洗足学園音楽大学入学。
現在までにヴァイオリンを岡本かほる、往住一郎、
小林すぎ野の各氏に師事。
ヴィオラを須田祥子氏に師事。
室内楽を岡田伸夫、須田祥子の各氏に師事。
洗足学園音楽大学を卒業し、現在
洗足学園中学校の音楽科目においてヴァイオリン講師、オーケストラ部のヴィオラ講師、音楽教室の講師。
室内楽やLIVEサポート、クラシック以外の活動も含め幅広く活動中。

 

 


 
 
ヨーラ 【ベース】 

北海道旭川市出身
アン・ミュージックスクールを特待生で卒業
在学中から、Blues,Rock,Pops,Funk,R&B,Ska,Bossa Nova,Jazz等
様々なバンド・アーティストのライブ、レコーディングに参加。

自身初のプロジェクト、「モノノファイヤー」では、ベースだけにとどまらず、ボーカル、ギター、作詞作曲も手がける。
現在
アーティストのサポート、バックバンドでの演奏、ジャムセッションでのホストプレイヤーの活動が中心。



上原晃【ドラマー】


14
歳でドラムを始める。
 
YAMAHA音楽教室にてドラムの基礎を学ぶ。
 
15歳で、兄(上ちゃん(Ba:マキシマムザホルモン)に誘われ、バンド「わんぱく小僧」に加入。
 
同年、梶原徹也氏(exブルーハーツ)に師事、ロックドラムを学ぶ
 
その後「わんぱく」「ダイナマイトファミリーバンド」「くらげ」とバンド名、形態、ジャンル、メンバーを変えながらバンド活動を続ける。
音源制作、都内でのライブ活動、全国へのツアーなどの自主活動を続ける。
 
「ダイナマイトファミリーバンド」では
正式メンバーにGt原宏明氏(ex,KINGBEES,THE3PEACE)
サポートメンバーにPercussion大森はじめ氏(東京スカパラダイスオーケストラ)、
Pf,Organ奥野晋哉氏(ソウルフラワーユニオン)
をむかえ、キングレコードにてレコーディングを経験する
 
23歳の時に石川遼太郎氏(山背弘ドラムメゾット)に師事、モーラー奏法を学ぶ
 
同年頃から自分のバンド活動だけでなく、サポートプレイヤーとしての活動も始める。
バンド活動でのつながりを軸に数々のアーティストと共演する。
共演者はThe Convoy、ユトリロン(西川響)、lunakate、中村未来、マキシマムザホルモン、加藤望、など
 
兄である、上ちゃん(マキシマムザホルモン)とは
2007年にのベースクリニック
2009年にベースマガジン5月号(リットーミュージック)
にて共演。
2010年にはドラムのナオ氏の出産準備中にマキシマムザホルモンのプリプロレコーディングのサポートをする。
 
ミュージシャンとの共演だけでなく、2008年にはコンテンポラリーダンサーの鈴木陽平と共演するなど活動の場を広げている。
 
また、現在はTEAM VERYSの正式メンバーとしても活動している。






川上彬子【ヴォーカル】
 
『父親の音楽好きの影響で、4歳からクラシックピアノを、
高校生になってからは、吹奏楽部でオーボエを、
2005年からシンガーソングライターとして
本格的に歌を歌い始める。
 
あの、山口百恵や郷ひろみ、米米クラブなど
数多くの著名人を育てた酒井政利氏も
納得の歌唱力を持つシンガーソングライター彬子。
ポップな楽曲からジャズ、バラードまで幅広く
歌いこなす確かな歌唱力で、聴くも者を魅了する』
 
経歴
 
川上彬子として2005年から音楽活動開始
 
★2006月2月23日発売
プレステ2RPGゲーム『ディスガイア2』 
 エンディング曲「キラリ☆星になる」歌唱
 
★2006月6月7日シングルCD発売
アニメ版ディスガイア エンディングテーマ 『鎖り』 発売
 
★2007年9月28日発売
オリジナルアルバム『First message』 発売
 
★2009年4月1日発売
酒井政利氏をエグゼクティブプロデューサーに迎え
亜希蘭として歌唱『BED』発売
 
★2009年5月発売
川上彬子シングル『AKIVERSARY』発売
 
★2011年1月26日発売
B-boy parkコンピレーションアルバムより『FROM YOU』作詞作曲
 
現在『彬子』として、都内を中心に、ソロ、バンドスタイルでライブ活動中。